外壁材

外壁材について

外壁材とは、住宅の外周を構成し、見た目の印象、室内の快適性、メンテナンスコストにも関わってくる建材です。 メンテナンス方法や耐用年数が、外壁材によって異なります。簡単に変更できない部分であり、新築やリフォームの際、外壁材選びは慎重に行う必要があります。 種類としては、サイディングやタイル、レンガ、ALC等があり、塗り材は、モルタルを下地とする方法が一般的です。 サイディングはボード形状の外壁材で、窯業系と金属系、木質系などがあります。 素材や塗装等のメンテナンス性を知る事で、10年、20年、30年後を見据えた外壁材選びが可能になります。

外壁材の施工事例

外壁材シリーズ紹介

フィエルテ。

本物に迫る表現の妙。多彩な表情をダイナミックに

左官の技が極まる洗い出し、打ちっ放しのコンクリート・・・。
フルカラーセラジェット塗装により、同じフラット基材が異なる6種の表情に変身。
ハイクオリティな素材感そのままに迫力ある大判意匠で再現しました。

(ケイミュー株式会社様商品情報ページより引用させて頂きました)

外壁材シリーズ紹介

LIXIL外装壁タイル

現代のセラミック技術を集結させた住宅用乾式外装タイル「ベルパーチ」は、
焼き物の美しさや風合いを最大限に引き出し、外観の美しさを守る耐久性に加え、
引っ掛けて張るベルパーチ工法により短期施工と確かな仕上がりを実現します。

(旭トステム外装株式会社様商品案内ページより引用させて頂きました)